2017 ブラジル代表 サード ユニフォーム 格安通販中

2017 ブラジル代表 サード ユニフォーム 半袖の商品情報

【サプライヤー】 ナイキ/NIKE
【シーズン】 2017
【勧め度】★★★★★
【デザインコンセプト】
新発売の2017サードユニフォーム(3rd)は黒ではなく、黒に近い緑が主な基調にデザインしました。ブラジルの緑豊かな風景と都会のナイトライフを融合させたデザインを採用します。サードユニフォーム(3rd)のフロントのブラジルサッカー連盟のエンブレムなどにはアクセントとしてセレソンらしい鮮やかな金色を使用しています。エンブレムの上に5つ星のイラストをバランスよく入ります。5つ星も5度の優勝経験を有する世界を代表するサッカー大国のことを象徴しています。下は「BRASIL」の文字を書いてあります。
【商品特徴】
◎Vネックデザインを使用します。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎メーカーブランドは前続き「ナイキ」、メーカーロゴは刺繍です。
◎袖口の裏側に「Amor」、「Orgulho」を刺繍しています。
◎新ユニフォームはかなり暗い緑基調のシンプルなデザインを採用されました。
◎ホームユニフォームと同じ、サードユニフォームの後ろ襟に「BRASIL」の文字をバランスよく刺繍しています。

購入のリンク: 2017 ブラジル代表 ユニフォーム

ブラジル代表 2002 W杯優勝 ユニフォーム イエロー 絶賛販売中

【背景】
2002FIFAワールドカップは、2002年5月31日から6月30日にかけて開催された17回目で2000年代最初のFIFAワールドカップです。今回の開催国は日本、韓国です。決勝は、2002年6月30日に神奈川県横浜市港北区の横浜国際総合競技場で行われ、ブラジル代表とドイツ代表対戦して、両国がワールドカップで対戦するのはこれが史上初で、最終、2:0優勝を取りました。これはブラジル代表が5回目優勝しました。

2002 ブラジル代表 ホーム ユニフォーム イエローの詳細情報

【価格】 3551円
【シーズン】 2002年
【サプライヤー】 ナイキ/NIKE
【商品特徴】
◎基本となるクルーネック襟仕様を採用します。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎当時のメーカーブランドはアメリカのスポーツブランド「ナイキ」です。
◎首周リとサイドが緑を採用しました。
◎ホームユニフォームがブラジル伝統的な黄色を基調にデザインしました。
◎観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。

今すぐ注文する

1998 ブラジル代表 ホーム ユニフォーム イエロー 人気発売

【背景】
1998 FIFAワールドカップは、1998年6月10日から7月12日にかけてフランスで開催された16回目のFIFAワールドカップです。決勝は、1998年7月12日にフランス・パリ郊外のサン=ドニにあるスタッド・ド・フランスで行われ、ブラジル代表とフランス代表対戦して、最後に0:3落敗しまいました。しかしながら、フランスが3-0でブラジルを下し、自国開催で初優勝を成し遂げました。以下のユニフォームは1998FIFAワールドカップの時ブラジル代表が着用されたユニフォームです。

【価格】 3551円
【シーズン】 1998年
【サプライヤー】 ナイキ/NIKE
【商品特徴】
◎基本となるクルーネック襟仕様を採用します。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎当時のメーカーブランドはアメリカのスポーツブランド「ナイキ」です。
◎首周リと袖口が緑を採用しました。
◎ホームユニフォームがブラジル伝統的な黄色を基調にデザインしました。
◎観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。

購入のリンク:https://worldcup-uniform.com/1998-brazil-home-uniform-yellow.html

ブラジル代表 1994 ホーム ユニフォーム イエロー特価販売

【背景】

1994FIFAワールドカップ・決勝は、1994年7月17日に、アメリカ合衆国・ロサンゼルス郊外のパサデナにあるローズボウルで行われた、第15回目のFIFAワールドカップの決勝です。
ブラジル代表とイタリア代表対戦して、PK戦3-2でブラジル代表が勝利を輝きました。

ブラジル代表 1994 ホーム ユニフォーム イエローの商品情報

【価格】 3551円
【シーズン】 1994年
【サプライヤー】 umbro
【商品特徴】
◎基本となるVネック襟仕様を採用します。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎当時のメーカーブランドはイギリスのスポーツブランド「umbro」です。
◎ブラジル代表協会エンブレムイメージがユニフォームのフロントに描写しています。
◎ホームユニフォームがブラジル伝統的な黄色を基調にデザインしました。
◎観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。

1986 アルゼンチン代表 ホーム ユニフォーム ブルー激安通販

【背景】

1986FIFAワールドカップ準々決勝アルゼンチン代表対戦イングランド代表は、1986年6月22日にメキシコシティのエスタディオ・アステカで行われ、アルゼンチン代表イングランド代表を2-1で下しました。

【価格】
3551

【シーズン】
1986

【カラー】
ホワイト×スカイブルー

【お勧め度】
★★★★★

【商品特徴】
・観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。
・デザインには伝統的な空色と白のカラーを採用しました。
・首まわりにはクルーネックを採用し、袖口と同じホワイトを採用されます。
・ユニフォームが史上初めてストライプの白部が中央に配されました。
・メーカーブランドはフランスのスポーツブランド「Le Coq Sportif」です。

価格が安くて、品質が高くて、種類がたくさんあって、サッカーアルゼンチン代表が好きな方は是非逃さないでように。自由にマーキングができます。欲しい方は以下のボタンをクリックして注文します。

アルゼンチン代表  ユニフォーム 

アルゼンチン代表 1978 W杯優勝ユニフォーム ホーム ブルー

【背景】
1978FIFAワールドカップは、1978年6月1日から6月25日にかけて、アルゼンチンで開催された第11回目のFIFAワールドカップです。決勝はアルゼンチン代表対戦オランダ代表で、延長戦の末3対1でアルゼンチンが勝利し、史上6か国目の優勝国となりました。今日は1978 アルゼンチン代表 ユニフォーム ホーム 半袖のデザイン詳細情報について改めて紹介いたします。

【シーズン】
1978

【カラー】
ホワイト×スカイブルー

【サプライヤー】
アディダス/ADIDAS

【特徴】
◎観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。
◎デザインには伝統的な空色と白のカラーを採用しました。
◎首まわりにはクルーネックを採用し、袖口と同じホワイトを採用されます。
◎メーカーブランドは「アディダス」、メーカーロゴは刺繍です。
もしこのユニフォームが好きだったら、ここをクリックして購入します。チームオーダーなら、割引があります。アルゼンチン代表サッカーファンはお見逃しなく!

2016 アルゼンチン代表 ホーム ユニフォーム 絶賛販売中

サッカーアルゼンチン代表

創設: 1901年
監督: ホルヘ・サンパオリ
本拠地: エスタディオ・モヌメンタル・アントニオ・ベスプチオ・リベルティ、 エスタディオ・マリオ・アルベルト・ケンペス

アルゼンチン代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖

アルゼンチン代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖の商品情報

【サプライヤー】 アディダス/ADIDAS
【シーズン】 2016
【デザインコンセプト】
2016アルゼンチン代表ホームユニフォームは“セレステ・イ・ブランコ”(空色と白)のカラーをシンプルに打ち出したクラシカルなデザインを採用しています。クルーネックの首まわりや袖口に再び黒を配しました。アディダススリーストライプスはやはり脇に入れられています。
【商品特徴】
◎基本となるクルーネック襟仕様。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎メーカーブランドは前続き「アディダス」、メーカーロゴは刺繍です。
◎ユニフォームの襟と袖口が黒のリブ付け、リンガー仕様を採用しています。
◎アディダス三本線はユニフォームの両脇に配置されています。

2016 ウルグアイ代表 ホーム ユニフォーム 絶賛販売中

サッカーウルグアイ代表

創設: 1900年
監督: オスカル・タバレス
本拠地: エスタディオ・センテナリオ
成績: FIFAワールドカップで12回出場、最高成績は優勝(2回、1930絵年と1950年) コパ・アメリカで39回出場、最高成績は優勝(15回、1916、1917、1920、1923、1924、1926、1935、1942、1956, 1959, 1967, 1983, 1987, 1995, 2011)

ウルグアイ代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖

ウルグアイ代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖の商品情報

【サプライヤー】 プーマ/PUMA
【シーズン】 2016/2017
【デザインコンセプト】
2016ウルグアイ代表ホームユニフォームは伝統の空色を基調に、肩から袖にかけて入れられた黒のアパレルフォームストライプが印象的なデザイン。身頃にはボーダー柄に加え、ウルグアイ国旗でもお馴染みインカ帝国の太陽神インティを象徴する「五月の太陽」が透かしが入れられています。
【商品特徴】
◎基本となるクルーネック襟仕様。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎メーカーブランドは前続き「プーマ」、メーカーロゴは刺繍です。
◎ユニフォームの襟と袖口が黒のリブ付け、リンガー仕様を採用しています。
◎アパレルフォームストライプが印象的なデザイン。

2016 コロンビア代表 ホーム ユニフォーム 絶賛販売中

サッカーコロンビア代表

監督: ホセ・ペケルマン
本拠地: エスタディオ・メトロポリターノ・ロベルト・メレンデス
成績: FIFAワールドカップで5回出場、最高成績はベスト8(2014ブラジルW杯)、コパ・アメリカで17回出場、最高成績は優勝(2001年)
本拠地: コロンビア

コロンビア代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖

コロンビア代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖の商品情報

【サプライヤー】 アディダス/ADIDAS
【シーズン】 2016/2017
【デザインコンセプト】
2016アルゼンチン代表ホームユニフォームは1940年代にも着用していた白基調を採用し薄くストライプが入っています。襟とアディダス三本線にネイビー、襟と袖口に赤を使用しました。
【商品特徴】
◎ホームユニフォームは白をベースにデザインしました。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎メーカーブランドは前続き「アディダス」、メーカーロゴは刺繍です。
◎チームエンブレムはワッペン圧着です。
◎アディダス三本線はユニフォームの両脇に配置されています。

2016 ブラジル代表 ホーム ユニフォーム 絶賛販売中

サッカーブラジル代表

創設: 1914年
監督: アデノール・レオナルド・バッチ
成績: FIFAワールドカップで20回出場、最高成績は5度優勝。(1958,1962,1970,1994,2002) サッカー南米選手権で32回出場、最高成績は8回優勝。(1919, 1922, 1949, 1989, 1997, 1999, 2004, 2007)
本拠地: ブラジル
ブラジル代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖

ブラジル代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖の商品情報

【サプライヤー】 ナイキ/NIKE
【シーズン】 2016/2017
【デザインコンセプト】
2016ブラジル代表ホームユニフォームは伝統のカナリア色のホーム。アクセントとなる緑は今回、首まわりや脇に一本のラインとして入れられています。胸部分にはメッシュ素材を配置。幾何学模様は通気性だけでなくフィット感も考慮した形。ユニフォームの後ろ襟に「BRASIL」の文字をバランスよく刺繍しています。袖口の裏側に「Amor」、「Orgulho」を刺繍しています。
【商品特徴】
◎基本となるVネック襟仕様。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎メーカーブランドは前続き「ナイキ」、メーカーロゴは刺繍です。
◎主な色は黄と緑を採用します。
◎総体、シンプルなデザイン