カテゴリー: ウルグアイ代表

4 12月

2018 ウルグアイ代表 ホーム ユニフォーム 新登場

本日は、ドイツのスポーツブランド「puma」が新しく発表された2018ワールドカップ向け【ウルグアイ代表 ユニフォーム ホーム 半袖】を説明いたします。2018ワールドカップにご興味が持っている方、南米 ウルグアイ代表を応援する方、ウルグアイ代表 ユニフォームをお持ち帰りたい方はぜひ一度ご覧下さい。

2018 ウルグアイ代表 ホーム ユニフォームの写真は下記の通り。

ウルグアイ代表 2018 ユニフォーム ホーム 半袖の商品情報

【サプライヤー】 プーマ/PUMA
【シーズン】 2018
【デザインコンセプト】
2018ウルグアイ代表ホームユニフォームは突き抜けるような空色が伝統的に使用されておりました。空色もウルグアイ代表がワールドカップでは1930年に憲法発布100周年を記念し開催された地元での第1回大会、1950年のブラジル大会で優勝したことを思い出しました。一部変更した協会エンブレムが左胸に織りワッペン縫い付けています。エンブレムの上に4つ星のイラストをバランスよく入ります。4つ星は2度の優勝経験を有する世界を代表するサッカー大国のことを象徴する以外、1924年、1928年のオリンピックで連覇したことを象徴しています。
【商品特徴】
◎Vネック襟仕様。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎メーカーブランドは前続き「プーマ」、メーカーロゴは刺繍です。

ウルグアイ代表 ユニフォーム」の購入ならWorldcup Uniform

8 8月

2016 ウルグアイ代表 ホーム ユニフォーム 絶賛販売中

サッカーウルグアイ代表

創設: 1900年
監督: オスカル・タバレス
本拠地: エスタディオ・センテナリオ
成績: FIFAワールドカップで12回出場、最高成績は優勝(2回、1930絵年と1950年) コパ・アメリカで39回出場、最高成績は優勝(15回、1916、1917、1920、1923、1924、1926、1935、1942、1956, 1959, 1967, 1983, 1987, 1995, 2011)

ウルグアイ代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖

ウルグアイ代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖の商品情報

【サプライヤー】 プーマ/PUMA
【シーズン】 2016/2017
【デザインコンセプト】
2016ウルグアイ代表ホームユニフォームは伝統の空色を基調に、肩から袖にかけて入れられた黒のアパレルフォームストライプが印象的なデザイン。身頃にはボーダー柄に加え、ウルグアイ国旗でもお馴染みインカ帝国の太陽神インティを象徴する「五月の太陽」が透かしが入れられています。
【商品特徴】
◎基本となるクルーネック襟仕様。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎メーカーブランドは前続き「プーマ」、メーカーロゴは刺繍です。
◎ユニフォームの襟と袖口が黒のリブ付け、リンガー仕様を採用しています。
◎アパレルフォームストライプが印象的なデザイン。

8 8月

2016 ウルグアイ代表 ホーム ユニフォーム 絶賛販売中

サッカーウルグアイ代表

創設: 1900年
監督: オスカル・タバレス
本拠地: エスタディオ・センテナリオ
成績: FIFAワールドカップで12回出場、最高成績は優勝(2回、1930絵年と1950年) コパ・アメリカで39回出場、最高成績は優勝(15回、1916、1917、1920、1923、1924、1926、1935、1942、1956, 1959, 1967, 1983, 1987, 1995, 2011)

ウルグアイ代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖

ウルグアイ代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖の商品情報

【サプライヤー】 プーマ/PUMA
【シーズン】 2016/2017
【デザインコンセプト】
2016ウルグアイ代表ホームユニフォームは伝統の空色を基調に、肩から袖にかけて入れられた黒のアパレルフォームストライプが印象的なデザイン。身頃にはボーダー柄に加え、ウルグアイ国旗でもお馴染みインカ帝国の太陽神インティを象徴する「五月の太陽」が透かしが入れられています。
【商品特徴】
◎基本となるクルーネック襟仕様。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎メーカーブランドは前続き「プーマ」、メーカーロゴは刺繍です。
◎ユニフォームの襟と袖口が黒のリブ付け、リンガー仕様を採用しています。
◎アパレルフォームストライプが印象的なデザイン。