タグ: ホーム

4 12月

2018 ウルグアイ代表 ホーム ユニフォーム 新登場

本日は、ドイツのスポーツブランド「puma」が新しく発表された2018ワールドカップ向け【ウルグアイ代表 ユニフォーム ホーム 半袖】を説明いたします。2018ワールドカップにご興味が持っている方、南米 ウルグアイ代表を応援する方、ウルグアイ代表 ユニフォームをお持ち帰りたい方はぜひ一度ご覧下さい。

2018 ウルグアイ代表 ホーム ユニフォームの写真は下記の通り。

ウルグアイ代表 2018 ユニフォーム ホーム 半袖の商品情報

【サプライヤー】 プーマ/PUMA
【シーズン】 2018
【デザインコンセプト】
2018ウルグアイ代表ホームユニフォームは突き抜けるような空色が伝統的に使用されておりました。空色もウルグアイ代表がワールドカップでは1930年に憲法発布100周年を記念し開催された地元での第1回大会、1950年のブラジル大会で優勝したことを思い出しました。一部変更した協会エンブレムが左胸に織りワッペン縫い付けています。エンブレムの上に4つ星のイラストをバランスよく入ります。4つ星は2度の優勝経験を有する世界を代表するサッカー大国のことを象徴する以外、1924年、1928年のオリンピックで連覇したことを象徴しています。
【商品特徴】
◎Vネック襟仕様。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎メーカーブランドは前続き「プーマ」、メーカーロゴは刺繍です。

ウルグアイ代表 ユニフォーム」の購入ならWorldcup Uniform

3 9月

1998 ブラジル代表 ホーム ユニフォーム イエロー 人気発売

【背景】
1998 FIFAワールドカップは、1998年6月10日から7月12日にかけてフランスで開催された16回目のFIFAワールドカップです。決勝は、1998年7月12日にフランス・パリ郊外のサン=ドニにあるスタッド・ド・フランスで行われ、ブラジル代表とフランス代表対戦して、最後に0:3落敗しまいました。しかしながら、フランスが3-0でブラジルを下し、自国開催で初優勝を成し遂げました。以下のユニフォームは1998FIFAワールドカップの時ブラジル代表が着用されたユニフォームです。

【価格】 3551円
【シーズン】 1998年
【サプライヤー】 ナイキ/NIKE
【商品特徴】
◎基本となるクルーネック襟仕様を採用します。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎当時のメーカーブランドはアメリカのスポーツブランド「ナイキ」です。
◎首周リと袖口が緑を採用しました。
◎ホームユニフォームがブラジル伝統的な黄色を基調にデザインしました。
◎観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。

購入のリンク:https://worldcup-uniform.com/1998-brazil-home-uniform-yellow.html

1 9月

ブラジル代表 1994 ホーム ユニフォーム イエロー特価販売

【背景】

1994FIFAワールドカップ・決勝は、1994年7月17日に、アメリカ合衆国・ロサンゼルス郊外のパサデナにあるローズボウルで行われた、第15回目のFIFAワールドカップの決勝です。
ブラジル代表とイタリア代表対戦して、PK戦3-2でブラジル代表が勝利を輝きました。

ブラジル代表 1994 ホーム ユニフォーム イエローの商品情報

【価格】 3551円
【シーズン】 1994年
【サプライヤー】 umbro
【商品特徴】
◎基本となるVネック襟仕様を採用します。
◎左の協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
◎当時のメーカーブランドはイギリスのスポーツブランド「umbro」です。
◎ブラジル代表協会エンブレムイメージがユニフォームのフロントに描写しています。
◎ホームユニフォームがブラジル伝統的な黄色を基調にデザインしました。
◎観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。

18 8月

1986 アルゼンチン代表 ホーム ユニフォーム ブルー激安通販

【背景】

1986FIFAワールドカップ準々決勝アルゼンチン代表対戦イングランド代表は、1986年6月22日にメキシコシティのエスタディオ・アステカで行われ、アルゼンチン代表イングランド代表を2-1で下しました。

【価格】
3551

【シーズン】
1986

【カラー】
ホワイト×スカイブルー

【お勧め度】
★★★★★

【商品特徴】
・観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。
・デザインには伝統的な空色と白のカラーを採用しました。
・首まわりにはクルーネックを採用し、袖口と同じホワイトを採用されます。
・ユニフォームが史上初めてストライプの白部が中央に配されました。
・メーカーブランドはフランスのスポーツブランド「Le Coq Sportif」です。

価格が安くて、品質が高くて、種類がたくさんあって、サッカーアルゼンチン代表が好きな方は是非逃さないでように。自由にマーキングができます。欲しい方は以下のボタンをクリックして注文します。

アルゼンチン代表  ユニフォーム 

13 8月

アルゼンチン代表 1978 W杯優勝ユニフォーム ホーム ブルー

【背景】
1978FIFAワールドカップは、1978年6月1日から6月25日にかけて、アルゼンチンで開催された第11回目のFIFAワールドカップです。決勝はアルゼンチン代表対戦オランダ代表で、延長戦の末3対1でアルゼンチンが勝利し、史上6か国目の優勝国となりました。今日は1978 アルゼンチン代表 ユニフォーム ホーム 半袖のデザイン詳細情報について改めて紹介いたします。

【シーズン】
1978

【カラー】
ホワイト×スカイブルー

【サプライヤー】
アディダス/ADIDAS

【特徴】
◎観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。
◎デザインには伝統的な空色と白のカラーを採用しました。
◎首まわりにはクルーネックを採用し、袖口と同じホワイトを採用されます。
◎メーカーブランドは「アディダス」、メーカーロゴは刺繍です。
もしこのユニフォームが好きだったら、ここをクリックして購入します。チームオーダーなら、割引があります。アルゼンチン代表サッカーファンはお見逃しなく!

13 8月

アルゼンチン代表 1978 W杯優勝ユニフォーム ホーム ブルー

【背景】
1978FIFAワールドカップは、1978年6月1日から6月25日にかけて、アルゼンチンで開催された第11回目のFIFAワールドカップです。決勝はアルゼンチン代表対戦オランダ代表で、延長戦の末3対1でアルゼンチンが勝利し、史上6か国目の優勝国となりました。今日は1978 アルゼンチン代表 ユニフォーム ホーム 半袖のデザイン詳細情報について改めて紹介いたします。

【シーズン】
1978

【カラー】
ホワイト×スカイブルー

【サプライヤー】
アディダス/ADIDAS

【特徴】
◎観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。
◎デザインには伝統的な空色と白のカラーを採用しました。
◎首まわりにはクルーネックを採用し、袖口と同じホワイトを採用されます。
◎メーカーブランドは「アディダス」、メーカーロゴは刺繍です。
もしこのユニフォームが好きだったら、ここをクリックして購入します。チームオーダーなら、割引があります。アルゼンチン代表サッカーファンはお見逃しなく!